ボンネットピン

久々の更新です。 最近はお休みも無くぶっ通しで
馬車馬の如く働いて、気が付けば全く更新せず・・・(汗)

先日取り付けたカーボン柄ボンネット。シンプルイズベストで
ボンネットピンはアルミ原色をチョイスしたのだが、会社の面々
及び、多数の大陸人の評価は・・・

金具が飛び出してるよ!不好看(格好悪い)

どうして、そのような評価になるんだ!!!!

と言う事で、色付きを買い直し。。。




e0113863_11565444.jpg

ブルーアルマイト色。。。しかし小生のセンスに合わない。

e0113863_11581727.jpg

取り付けてはみたものの、どうしても納得が行かない。
いろんな人(大陸人)に評価してもらったが、皆ブルーが良いと言う。

2~3日つけて走ってみたが、どうしても違和感が拭えない。
と言う事で結局、またアルミ色に戻す事に。

ピンの部分はSUSを使用している筈だが、なぜか既に錆びている。
大陸ではステンレスの事を『不錆鋼(錆びない鋼)』と呼ぶのだが、
日本等からの輸入SUS材料を除いて、錆びないSUSを見た事が無い。

少し専門的な話になりますが・・・SUS304は普通錆びに強く、磁石に
付かない特性を持っている筈ですがこの国の304は希釈塩水に
1日漬けると、簡単に錆びてしまいます。更に余裕で磁石につきます。
SUS430なら磁石に付くのは理解できますが・・・

とりあえず、50RMBの物だし、高性能を求めてはいけないので
錆びたら定期的に取り替える事にします。
[PR]

  by xyz-szcn | 2007-05-29 12:12 | 雨燕(SWIFT)

<< バケットシート カーボンボンネット 其の弐 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE