セミバケシート到着

e0113863_10182331.jpg

 
本日、セミバケットシートが到着しました。
製品を見てみると・・・







e0113863_10191332.jpg
             輸送事故でしょうか。左肩に少し穴が空いています。
e0113863_1023784.jpg
メーカーは交換に応じると言っていますが、なにしろ千キロ以上も離れた広東省からの
購入なので、「穴も小さいし縫えば良いか!」との気持ちで妥協する事に。

e0113863_1027180.jpg
               RECAROマークも粗雑ながら、それなりの造り

早速装着する事に。純正のシートを外して取り付けようとした所。

取付け穴が合わない!!!

購入時にしっかり確認をして、雨燕にも付きますと断言していた店の大陸人。
銀行のお札すら信用してはいけないと、常に警戒してきた4年間。
今回、少し脇が甘かったっス(泣)

そしてクレームを言った所、「雨燕専用とは聞いていなかった」と
手の平を返したように吹きやがる始末。

もともと大陸の知らない人に誠意など期待していないのと、
2脚2万円そこらの製品なので妥協して、別の取付け方法を考える事に。

そこで弊社の金型部の職人さんの面々登場。
いろいろ調べると、MOタイプとかROタイプとか訳の解らない用語が
飛び交っている。そこで発見したのは「インポートタイプ用アジャスター」

要はオフセットの穴を開けた鉄板を作れば良い話。
早速、金型部へ発注!(金払う気有るんかい!?)

取付けレビューはまた次回報告します。
[PR]

  by xyz-szcn | 2007-06-08 09:09 | 雨燕(SWIFT)

<< 雨燕。左脚負傷・・・ バケットシート >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE