大陸のパチスロ屋さん

ラオウ昇天の巻
最近はなぜか妙に忙しく(口実)ぜんぜん更新が出来ていませんでした。

それはさておき昨夜はいつもの如く新区商業街で『客飯』でした。
※『客飯=キャクメシ』とは上海あたりの日本人が接待の事をこう呼ぶ。(らしい)

日本料理で食事をして、それからクラブ活動開始!
しかしクラブ活動開始の時間があまりにも早過ぎて、
クラブ活動2軒消化するもまだ22時(汗)
そこで突然お客さんが・・・

「とりあえず、ラオウ昇天さしときますか?」





これは彼の合言葉であり、パチスロ「北斗の拳」を打ちに行こう!
と言う意味です。

実は彼、先週末3000RMB、今週あたま5000RMBと
かなり調子よく勝っています。
※大陸でのパチスロ店は違法です。博打はすべて違法です。悪しからず・・・

小生は1月に日本へ帰った時に、パチンコで¥70,000ほど負け
自分はカチンと来たらとことんまで逝くタイプなので、この国では
ギャンブルはしない!と心に決めていましたが、昨日はお客さんと
一緒と言う事もあり、初めて新区のパチスロ店へ・・・

営業時間は12:30~深夜2:00までと「本気」の姿勢です。

小生達は、各人200RMB(¥3,000)だけやろう!と決め、
いざお店に・・・お客さんはよく行くらしく台の癖まですべて網羅している様子。
200RMBで200枚のコインを貰いさっそく隣通しの台へ座る。

小生はパチスロ暦3回(日本)のスーパービギナーで、お客さんは
暦十数年のスーパキャリア。お客さんは小生より2歳上なので、逆算すると・・・
「何歳から打ってるねん!?」とかすかな疑問も忘れ、いざ遊戯。

お客さん 「Keiさん、その台来ますよ!」
小生   「何で判るんですか?」
お客さん 「流れがそんな感じですわ。」

全くチンプンカンプンだったが、お客さんは既に「777」が揃って
ジャンジャン出ている。私は残りあと僅か!と言う時にお客さんが
「あっ!それ、、僕押しますわ。」と小生のボタンをポン・ポン・ポン。

なんでそんなに簡単に揃うねん!?

もう理解不能。。。しかしコインはどんどん出てくる。

それからと言うもの・・・
「あっ!それええ感じですね~」と小生のボタンをポン・ポン・ポン。

彼はず~~~~っと出っぱなしている。もう30連チャンに達して
画面上のラオウが何度も何度も昇天している。。周りはコインだらけ。
小生も彼の助けを借りてジャンジャン出ている。

結局深夜1:30まで打って、
小生・・・1300枚=1300RMB(約¥20,000)
お客さん・・・4300枚=4300RMB(約65,000)の勝利。
※大陸では換金は違法行為です。
しかもお客さんは1週間3回で12000RMBオーバー(約¥190,000)

恐れ入りました(汗)
[PR]

  by xyz-szcn | 2007-03-18 15:20

<< ニューバンパーエアロ到着 事故処理&修理完了 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE