2007年 02月 08日 ( 1 )

 

情人節の季節


とうとうやってきましたバレンタイン・・・
この国では『情人節』と呼ばれています。

日本のバレンタインは女の子が好きな人(性別問わず?)に
チョコレートを上げると言うのがセオリーになり、
まんまと某お菓子メーカーの思う壺になっていますが
こちらではもっと大変です。

こちらのセオリーは



男が彼女に薔薇の花束を贈る



と言う事になっています。もちろん商売上手なこの国の人たちは
メンツ・体裁を重んじるこの国の人たちの心に付け込んで
暴利をむさぼりマス。
通常7~10RMB/本の薔薇の花が1.5~3倍に跳ね上がります。

2月14日は薔薇の花束を持ったカップルが、街中の至る所に
出没します。最近は花束ではなく



薔薇の鉢植え(?)




を大事そうに抱えて歩く幸せそうなカップルも多数います。

しかしその幸せなひと時も・・・



「前から来る人、

私の薔薇より多い(怒)」



この一言で全てが音もなく崩れ去ります。
すれ違った、多い薔薇を持ったカップルは満足度満点です。

勝ち誇ったようなカオで、彼女の薔薇を見下します。
この時点で、彼女の持つ薔薇の価値は「ゼロ」に等しくなります。

結局、薔薇の価値ではなく、
「人よりたくさん持っている」と言う部分が
重要なようです。このあたりは国民性と言いましょうか・・・(汗)

一般の方々はこの程度で済まされますが、この街一番の、、
いや、、この国でも有数の日本人街密集地では、この程度では
済まされません!


「あの娘は○▲公司の*○■総経理に
     手机(携帯電話)を買ってもらった!」

とか

「あのお客さんは●●ちゃんに、
    10,000RMBの指輪を贈った!」



等々、途方もない話に発展し、最終的には




「貴方!愛が足りない違うか!??」




と罵声を浴びせられる”らしい”です。
(注:経験談ではアリマセン)
と言う事で、この日の鉄則

①むやみに商業街に近づかない
②TEL・SMS(ショートMAIL)には反応しない
③家でジッとPS2をする(食事は出前を取る)



これで、無駄な出費を抑えれます。

ではお後が宜しいようで・・・

[PR]

  by xyz-szcn | 2007-02-08 18:00 | どないやねん!?

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE